色変更

文字サイズ

画像:【敦賀医療センター】福井県敦賀市の国立病院機構病院

画像:メニュー画像:メニュー

リハビリテーション科

スタッフ紹介

医師1名、理学療法士9名、作業療法士3名、言語聴覚士2名

医長 久保田 力(くぼた ちから)

平成8年  福井医科大学卒

平成18年  福井医科大学大学院卒

医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医

施設基準

〈疾患別リハビリテーション〉

・運動器リハビリテーションⅠ

・脳血管疾患リハビリテーションⅠ

・呼吸器疾患リハビリテーションⅠ

・障害児(者)リハビリテーション料

リハビリテーション科は、主に神経・筋・骨格系の異常に基づく運動障害者を対象として、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。疾患にて生じた移動・身の回り動作・コミュニケーションなどの障害に対して、リハビリテーションを行うために必要な診察、検査、診断を定期的に行い、失われた機能の回復を促すとともに、残存機能を最大限に引き伸ばすための適切な訓練内容を決定し、患者さんが家庭復帰や社会復帰ができるように、その病状に応じた最善のリハビリテーションを提供致します。

各療法紹介

〈理学療法〉

理学療法士(PT)は、ケガや病気などで身体に障害や不自由さを抱える人や身体機能が衰えた高齢者に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩きなど)の回復や維持をサポートします。患者さん1人一人に対して適切な「運動療法」や「物理療法」を用いて自立した日常生活が送れる事を目指しています。

〈作業療法〉

作業療法士(OT)は、指を動かす、食事をする、入浴をするなどの日常生活など生活の方法の獲得に向けてサポートします。また機能回復に加えて、社会的応用動作や患者さんが豊かに生活していけるように精神面のサポートをさまざまな作業を通して支援していきます。

〈言語聴覚療法〉

言語聴覚士(ST)は、生まれつきの障害や脳機能障害により話す事や聞く事などに不自由のある人に対して、発声・発音・聴覚・嚥下(飲み込み)などの機能回復をサポートします。

コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるように、ことばや聞こえに問題をもつ人とご家族を支援します。

チーム医療に向けての多職種連携

他部署との連携を図り、より良いチーム医療を目指します。

各科と連携を構築し、クリティカルパスを使用して発症急性期および手術翌日からの早期ベッドサイドリハビリテーションと積極的なリハビリテーションを行い、短期入院を心掛けています。

入院患者さんについて多職種とのカンファレンスを行います。

医師、看護師、リハビリテーションスタッフとの定期的なカンファレンスを実施し、治療状況を確認し、治療方針の見直し・検討を行うことで診断・医療ミスを防ぐとともに、手術症例には随時方針を検討しています。

又、在宅支援に向けて地域医療連携室と連携をとり、医療ソーシャルワーカーやケアマネージャーとのカンファレンスを行い、スムーズな退院支援を行っています

リハビリテーション科からのお知らせとお願い

〈外来リハビリテーションの実施について〉

当院通院中の患者様に対して外来リハビリテーションを実施しています。

主治医の指示(リハビリ処方箋)のもと、リハビリテーションを開始または予約をさせていただきます。