栄養管理室

基本理念

私たちは、患者様の立場に立ち、治療に適した安全で信頼される食事、 心温まる食事の提供をします。

栄養管理室のご紹介

栄養管理室では管理栄養士・調理師が患者様の栄養管理を中心に、医師の指示のもと、治療に適した安全で信頼される食事を提供し、皆様の健康をサポートしています。

入院中の食事について

適時適温給食

温かい料理は温かく(約65℃〜68℃)、冷たい料理は冷たく(5℃〜8℃)食べて頂ける様に、温冷配膳車により病棟にまでお届けします。また食事時間も日常の生活に近づける為、午後6時からにしております。 配膳車は各病棟1台を使用しています。 また各病棟にはゆったりとした食堂があります。

選択メニュー

週3回、普通食を食べておられる患者様を対象に、2種類のメニューより昼食、夕食を選んでいただく選択食メニューを実施しております。

昼 食
(A食)
白身魚の揚げおろし煮、煮浸し、胡麻和え、メロン
(B食)
冷やし素麺、煮浸し、胡麻和え、メロン
夕 食
(A食)
菜飯、煮魚、里芋の煮物、お浸し、漬物
(B食)
菜飯、牛肉炒め、里芋の煮物、お浸し、漬物

患者様に適応した食事の提供

普通食をはじめ、患者様の病状に応じてエネルギー・たんぱく質・脂肪・塩分を調整した食事や、摂食障害のある患者様には刻む・とろみをつけるなど、必要に応じて対処した食事を提供しています。

 

外来・入院栄養食事指導

患者様の日常生活や食習慣をお聴きし、病態に応じた栄養食事指導をさせていただきます。心臓疾患、糖尿病など様々な疾患を対象としています。

個人栄養食事指導

医師の指示に基づき個別指導を外来・入院患者様対象に行っています。

集団栄養教室

毎月第2木曜日午後2時より、様々なテーマにて、集団栄養教室を開催しております。お気軽にご参加ください。

行事食

クリスマスやひな祭りなど、季節に合わせた行事食を毎月お出ししています。患者様の病態や形態に合わせてお作りし、お食事には行事カードを添えて目にも楽しい食事を心がけています。

 

ティーサービス

一般病棟および、重心病棟に入院されている患者様に、月1回、午後3時にティーサービス(それぞれの病態にあったおやつとお茶の提供)を実施しています。また、当月お誕生日を迎えられる患者様に、病態に合わせたケーキなどのおやつを提供しています。  

  

チーム医療における栄養管理について

NST(栄養サポートチーム)

毎週火曜日、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士が各専門分野を生かして、栄養状態の悪い患者様を抽出し評価を行い、適切な栄養療法の提案を行っています。

褥瘡チーム

月2回、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士が病室を訪問し治療を行います。栄養士は食事内容や食事形態の調整を行っています。

緩和ケアチーム

化学療法をされている患者様や食欲低下のある患者様のベッドサイドまで伺い、直接聞き取りをし、食事内容の調整を行っています。

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関