研究検査科

私たち臨床検査技師の仕事は、病気の診断や治療、検診(健診)に必要な様々な検査のうちの一つであり、種々の医療機器を使って直接、身体の機能を調べる『生理機能(生体)検査』と、採取された検体(血液や尿、便、細胞など)を調べる『検体検査』の二つに大きく分けられます。  
それぞれの分野について、簡単にではありますがご紹介させていただきます。 臨床検査について、少しでも興味とご理解をいただけますと幸いです。

生理機能(生体)検査

【生理機能検査室】

当検査室では、心臓や循環器の機能を調べる検査(心電図検査、超音波検査、血圧脈波図など)、肺の機能を調べる検査(呼吸機能検査)、眼底の血管を調べる検査(眼底写真撮影)、聞こえの検査(聴力検査)、神経系の検査(神経伝達速度検査)を実施しています。

また当検査室では患者さんの体の中を安全かつ無痛な方法で見ることができる"超音波検査"も実施しています。この検査では心臓、腹部、甲状腺、乳腺、血管、頸動脈などに超音波を当てることで、目に見えない場所の状態を検査することができる優れた検査です。

当院では超音波検査領域の充実を図るため、2名の日本超音波医学会から認定を受けた"超音波検査士"が検査の質の向上のために、学会発表や後進の指導に当たっております。あと、ここで紹介した「生理機能検査」は、患者さんの体に直接検査器具などを装着したりを当てたりして検査を実施しますので、検査を受ける方のご理解とご協力をお願いしております。

検体検査

【生化学検査室】

生化学検査は患者さんから採取した血液や尿等の体液に含まれる様々な成分を、分析装置を用いて生化学的、血清学的に分析を行います。検査内容は、外来診療の診察前検査の様なスクリーニング検査や疾患特異的な検査に分けられ、検査結果は医師により病気の診断および治療方針の決定などに役立てています。

当院の生化学検査室では、迅速で正確な検査結果を提供出来るように心掛けております。

【一般検査室】

一般検査室は尿を主に検査しています。尿は苦痛を伴わずして腎臓や尿の通り道(尿管、膀胱。尿道)の状態および全身状態を大まかに把握することができる検査です。

まず試験紙と呼ばれる検査試薬でいろんな尿中物質を一度の操作で把握することができます。当院では比重、PH、尿蛋白、尿潜血、尿糖、ケトン体、ウロビリノーゲン、ビリルビン、白血球、亜硝酸塩が検査できます。

次に尿の中にはいろんな成分(有形成分)が存在しますが、病気の時にみられる成分も存在します。これらを顕微鏡で見つけ出す検査が尿沈渣検査です。尿の通り道に炎症があれば白血球が見られたり、腎臓の機能が低下した時には尿円柱と呼ばれる成分が出現したり、時には尿の通り道にできた癌の細胞も見られることがあります(写真参照)。

これらの検査で異常な所見があれば精密検査につなげることができます。
当検査室ではこのほかに髄液検査、穿刺液検査、精液検査なども行っています。

【病理検査室】

病理検査室では大きく分けて2つの業務を行っています。
@ 病理組織検査
腫瘍ができた部分を手術で摘出した場合や胃・大腸など内視鏡検査を行った際に病変部分を少しだけ採取(生検と言います)することがあります。これらがどのような病変かを顕微鏡で見て診断する検査を病理検査といいます。病理標本を作製しているは臨床検査技師で、患者さんから採取した材料を適切に処理し、特殊な染色を施して"病理組織標本"(プレパラートとも言います)というものを作成します。このできあがった"病理組織標本"を医師(病理医)が顕微鏡で見て病変を診断します。

A細胞診検査
患者さんから得られた"細胞"そのものをみて正常細胞か?がん細胞か?または癌になる可能性のある細胞か?を判定する検査が細胞診検査です。当院で主に行っている細胞診検査は以下の通りです。
・尿や喀痰、胸やお腹に水がたまった(胸水、腹水)場合にこれらを採取して、中にいる細胞を検査する。
・乳腺・甲状腺・耳下腺などの皮膚の下にある臓器は、病変部に針を刺して吸引した細胞を検査する。
・子宮はがんが発生しやすい部分や可能性のある場所をブラシで少しだけ擦過(さっか:こすること)して採れた細胞を検査する。
これらで得られた細胞は適切に処理をした後に特殊な染色を施し、顕微鏡で見て細胞を検査します。検査をするのは臨床検査技師の中でも日本臨床細胞学会から認定を受けた"細胞検査士"という資格を有する技師が担当しています。この検査でがん細胞やがんになる可能性のある細胞、病変を指摘できるような細胞が見つかれば、これらをチェックします。最終的には医師(病理医)がその細胞を顕微鏡で見て細胞を診断します。

【細菌検査室】

細菌検査室では、患者さんからいただいた検査材料(喀痰、尿、便など)から病気を引き起こす細菌を検出し、どのような種類の細菌であるか(同定検査)、どのような薬剤がどの程度有効であるか(薬剤感受性検査)を検査しています。また、ICT(感染制御チーム)の一員として、検査結果の解析や環境調査などを行い、院内感染防止活動に貢献しています。

ノロウイルスやアデノウイルス、A群β溶連菌などの迅速検査も実施しています。

【血液検査室】

血液検査室では、血液検査、凝固検査、輸血検査の3部門を担当しています。  
血液検査では、体中に酸素を運ぶ赤血球、体内に侵入する病原体を退治する白血球、出血を止める血小板など血液中の様々な細胞の種類や数を検査しています。



凝固検査では、自動分析装置と検査試薬を使い、出血をした際に血を固める血液中の凝固因子の働き具合を検査しています。




輸血検査では、患者さんの血液型や、輸血副作用の原因となる不規則性抗体の検査、交差適合試験(輸血する前に患者さんの血液と輸血用血液が問題なく適合するかを確認する検査)を行っています。

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関